英国での釣りについて

フライフィッシング発祥の地と言われる、英国での釣りについて、
ネット上にもあまりに情報が少ないと思われますので、少しまとめてみました。

渡英時のご参考になれば幸いです。

 

基本的に、英国の河川は全て私有地です

なので、日本国内と同じ様な感覚で、気楽に釣りを楽しむことは出来ません。

釣りをしたい場合は、その区間を管理している所から許可をもらって初めて釣る事が出来ます。
その多くは、その川近辺で一番大きなホテル等が、管理している場合ありますので、宿泊するホテルに問い合わせてみるのがよいと思われます。
なお、その場合、レギュレーションを厳しく設定している場合がありますので注意が必要です。
イングランド南西部のチョークストリームを擁する河川の場合は、「Only Dry Fry」となっていることが多い模様です。

また、別途フィッシング・パーミット(釣り許可証)を用意する必要があります。
つまり、英国で釣りをする際には、2つのライセンスを必要とするということになります。
一つはロッドライセンスと言う遊魚券のようなもの。村の郵便局や釣具店等で購入できます。
もう一つは川を管理するホテルに支払うフィッシング・パーミットです。

 

今の所、実際に私が確認した、宿泊の際に釣り(Flyfishing)の出来るホテルを数カ所まとめておきます。

  • バイブリーコートホテル
    かの、ウィリアム・モリスが、英国一美しい村と讃えたコッツウォルズ地方、バイブリー村の中心にあるホテルです。
    敷地内を流れるチョークストリーム、テムズ川水系のコルン川での釣りが出来ます。
    Only Dry Fry 半日£15。ブラウントラウト・レインボートラウト・グレイリング
  • スワンホテル
    同じく、バイブリー村の街道B4425沿いにあるホテルです。こちらもコルン川での釣りになります。
    ホテルの前にある、トラウトファーム付近より、バイブリーコートの境界近くまでをスワンホテルが管轄しています。
    Only Dry Fry ブラウントラウト・レインボートラウト・グレイリング
  • カッスルクーム・マナーハウスホテル・アンド・ゴルフクラブ
    こちらもコッツウォルズ地方にある、カッスルクームのマナーハウスです。
    カッスルクームは、全英で最も古い建物や町並みが残っている所として、非常に有名な美しい村です。
    こちらのホテルはその名の通り、ゴルフで有名な所ですが、敷地内の川で釣りが出来る模様です。
  • アランデルアームズ
    コーンウォール半島の真ん中、デヴォンシャー州にあるホテルです。
    アトランティックサーモン・シートラウト・ブラウントラウトを狙うことが出来ます。
    管理しているビートの流程が非常に長いので、ダブルハンドの釣りと繊細なドライフライの釣りの両方を楽しめます。
  • アイザックウォルトンホテル
    かの、アイザック・ウォルトンの名を冠したホテルです。
    フライフィッシングのみ ブラウントラウト・レインボートラウト・グレイリング
  • ヒルトン・ダンケルドハウス
    リバー・ティでのサーモンフィッシングが出来るホテルです。
    その名の通り、ダンケルドでのサーモンフィッシングが割と簡単に出来る?